ここから本文です。

更新日:2018年1月29日

地籍調査

昭和26年の国土調査法により始まった地籍調査は、国土の開発・保全・高度利用のための基礎資料として、または、土地の所有や利用関係を明らかにすることを目的としています。
本村における地籍調査の概要は、平成元年度から着手し、平成5年度まで国直地区、平成6年度から平成10年度まで湯湾釜地区、平成11年度から平成14年度まで津名久地区と進んでいます。

全体計画面積89.60キロ平方メートルに対し、完了面積21.33キロ平方メートルと進捗率は23.81%となっています。今後の地籍調査予定各計画区の計画期間、及び計画面積としては、思勝地区2年(面積7.20キロ平方メートル)大和浜地区9年(面積12.72キロ平方メートル)大棚地区9年(面積9.01キロ平方メートル)大金久地区7年(面積6.31キロ平方メートル)戸円地区6年(面積8.77キロ平方メートル)名音地区8年(面積26.56キロ平方メートル)志戸勘地区5年(面積3.81キロ平方メートル)今里地区4年(面積4.56キロ平方メートル)となり平成72年村全域完了予定です。

地籍調査により、家屋の建築、営農、植林等の生活設計の立案や土地改良事業、その他の公共事業等の計画を立てることができます。その結果個人の利便性や、村の振興発展につながりますので、これからも地籍調査事業にさらなる関心を持たれ、ご協力のほうよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

大和村役場建設課

〒894-3192 鹿児島県大島郡大和村大和浜100番地

電話:0997-57-2142

ファックス:0997-57-2957

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ