本文へジャンプメインメニューへジャンプ
Copyright @2009 YamatoVillage Office All right reserved.
大和村 奄美大島 携帯サイト リンク
サイトマップ お問い合わせ
サイト内検索 このサイトについて
暮らしの情報 各種手続きなどのご案内
戸籍・印鑑登録 / 出産・子育て・教育と文化 / 健康・検診・検査 / 福祉・介護 / 証明 / 保険・年金 / 税金 / 防災・防犯・救急 / 道路・下水・公園 / 河川・港湾・土地・交通 / 環境・衛生 / 掲示板 / 行事予定 / 空き住宅検索 / その他
イベント・観光情報 見どころや特産品のご案内
イベント情報 / お知らせ / 観光情報 / 村民活動の紹介 / 利用施設などの紹介 / 広報
村政情報 大和村の概要のご案内
村政運営方針 / 予算・入札・契約情報 / 環境活動 / 村議会 / 村づくり / 指定管理者制度
県情報提供システム
道路通行規制情報
県防災気象情報
観光かごしま情報
電子申請システム

磯平パーク


きびの郷磯平パークの由来

きびの郷磯平パーク 慶長十年(1605年)大和村大和浜出身の直川智翁は琉球に渡る途中に台風にあい、中国の福建省に流されました。
 翁は、一年半の滞在期間に大陸の農業を見聞し、ひそかに黒糖の製法を学びました。
 当時、中国では、製糖技術を外国人に教えることは禁止されていましたが、サトウキビの栽培技術と黒糖の製法をひそかに学び、帰国の際には、衣類箱の底を二重にして、命がけでキビ苗三本をかくして持ち帰り、大和村戸円の磯平のこの地に植栽しました。
 キビの成育は順調で次々と増産し、三年後の慶長十五年には日本で初めての黒糖製造に成功しました。
 その後、翁は、サトウキビ栽培を群島内に奨励し、技術改良に専念しました。又、子孫には、家業としての伝授を命じ、製糖技術の向上と栽培の拡大をすすめました。
 幾多の時代を経て、現在ではサトウキビは奄美の基幹作物となっています。
 翁の偉業を讃えるため、明治十五年には、思勝の尾神山の麓に開饒神社が建てられ、昭和五十九年には改築されています。
 大和村では、日本で初めて黒糖製造に成功したこの磯平の地に、平成四年度から4ヶ年事業で、きび公園を整備しました。





ページ上部へ戻る 印刷専用画面表示
鹿児島県大島郡 大和村役場 〒894-3192鹿児島県大島郡大和村大和浜100 Tel:0997-57-2111 Fax:0997-57-2161