本文へジャンプメインメニューへジャンプ
Copyright @2009 YamatoVillage Office All right reserved.
大和村 奄美大島 携帯サイト リンク
サイトマップ お問い合わせ
サイト内検索 このサイトについて
暮らしの情報 各種手続きなどのご案内
戸籍・印鑑登録 / 出産・子育て・教育と文化 / 健康・検診・検査 / 福祉・介護 / 証明 / 保険・年金 / 税金 / 防災・防犯・救急 / 道路・下水・公園 / 河川・港湾・土地・交通 / 環境・衛生 / 掲示板 / 行事予定 / 空き住宅検索 / その他
イベント・観光情報 見どころや特産品のご案内
イベント情報 / お知らせ / 観光情報 / 村民活動の紹介 / 利用施設などの紹介 / 広報
村政情報 大和村の概要のご案内
村政運営方針 / 予算・入札・契約情報 / 環境活動 / 村議会 / 村づくり / 指定管理者制度
県情報提供システム
道路通行規制情報
県防災気象情報
観光かごしま情報
電子申請システム

国民年金


【国民年金の仕組み】

 昭和61年4月の年金制度改正により、国民年金は、すべての人に共通の「基礎年金」として支給されます。このため、学生・会社員や公務員・その配偶者も『強制加入』となりました。なお、厚生年金や共済年金に加入している人には、基礎年金の“上乗せ”として、報酬比例の年金が支給されます。また、平成14年4月より保険料の納付方法が変わりました。


【国民年金に加入する人】

 日本にお住まいの20歳以上60歳未満の人はすべて加入します。
 (厚生年金や共済年金に加入している方も同時に国民年金に加入しています。)
  1. 第1号被保険者
    農業・漁業・自営業や自由業の人と、その家族、学生や無職の人も20歳から60歳までの間、国民年金に加入することになっています。本人が役場窓口で加入の手続きをしてください。
  2. 第2号被保険者
    会社や役所に勤める人は、厚生年金や共済年金に自動的に加入しますが、同時に、国民年金にも加入することになります。 手続きについては、加入している制度が一括して行います。
  3. 第3号被保険者
    厚生年金保険や共済組合に加入している人(第2号被保険者)に扶養されている20歳以上60歳未満の妻や夫。第3号被保険者に該当した場合は、配偶者である第2号被保険者が雇用されている事業所より事業主を経由して、事業所を管轄する社会保険事務所に提出されます。
  4. 希望すれば、第1号被保険者として任意加入できる人
    海外で生活している20歳以上65歳未満の日本人。その他65歳未満の人で、資格期間の足りない人などが対象です。

【国民年金の保険料】

  1. 第1号被保険者・任意加入者
    平成14年4月より保険料の管理が市町村の国民年金の窓口から国(社会保険庁)へと変更になりました。国(社会保険庁)から送付される納付書で全国の金融機関、社会保険事務所等で納めてください。
    • 保険料が割引きになる「前納制度」や、便利で確実な「口座振替」をご利用ください。
    • 保険料の納め忘れは2年以上経過すると時効になり追納することができませんので、ご注意ください。
  2. 第2号被保険者・第3号被保険者
    厚生年金保険や共済組合から、被保険者本人(第3号被保険者の場合は配偶者)の加入している年金制度がまとめて支払っているので、個別に納める必要はありません。

【免除制度】

 国民年金は20歳から加入し、60歳までの40年間、保険料の納付が必要ですが、所得の減少や失業等で経済的に納付が困難な場合は、本人の申請によって国民年金保険料の納付を免除する制度があります。
※任意加入被保険者は、保険料免除制度は適用されません。
※申請は、毎年必要です。
  1. 全額免除
    保険料の全額(13,300円)を免除するものであります。
    免除された期間は、年金を受給するための受給資格期間には参入されますが、年金額は保険料全額を納めたときと比べ3分の1として計算されます。
  2. 半額免除
    保険料の半額を免除し、残りの半額(6,650円)を納付していただくものです。半額された期間は、年金を受給するための受給資格期間には算入されますが、年金額は保険料全額を納めたときと比べ3分の2として計算されます。
    ※半額の保険料を納めない場合は、未納期間となり受給資格期間には算入されません。
  3. 学生納付特例制度
    学生本人の前年の所得が68万円(給与収入で約133万円)以下の場合は、申請して承認されると国民年金の保険料納付が猶予されます。
    • 学生納付特例を受けた期間は、老齢基礎年金を受けるための資格期間には含まれますが、受け取る年金額の計算には算入されません。
    • 10年以内に追納すると通常に納付したのと同じ取扱いとなります。

【国民年金から受けられる基礎年金】

  1. 老齢基礎年金
    保険料を納めた期間(免除を受けた期間を含む)が25年以上ある人が、65歳に達した時に受けられます。また、60歳から64歳までの間なら「繰り上げ支給」を受けることができます。ただし、65歳から受けられる年金額から減額され、その減額率は65歳になっても変わりません。(増額される「繰り下げ支給」もあります。)
  2. 障害基礎年金
    国民年金に加入中、病気やケガで障害者になったときや、20歳前に障害者になった場合、認定されれば、障害基礎年金が受けられます。年金額は、障害の程度によって異なります。また、18歳未満の子どもがいる場合等は、加算されます。
  3. 遺族基礎年金
    国民年金に加入している人や老齢基礎年金の受給資格を満たしている人が死亡したとき、その人によって生計を維持されていた18歳未満(1級・2級の障害の子については20歳未満)の子供がいる妻、または子供に支給されます。年金額は、子供の人数により異なります。

【第1号被保険者の方々の、独自の給付】

  1. 付加年金
    付加保険料を上積みして納めた人は、老齢基礎年金に加算されます。
  2. 寡婦年金
    老齢基礎年金の受給資格を満たしている夫が、基礎年金を受けずに死亡されたときは、その妻(婚姻期間10年以上)に夫が受給できた年金の4分の3が、60歳から65歳まで支給されます。
  3. 死亡一時金
    保険料を3年以上納めた人が、基礎年金を受けずに死亡されたときは、生計を同じくしていた遺族に支給されます。支給額は納付期間により異なります。また、付加保険料を納めていた場合には、加算があります。
  4. 国民年金基金
    厚生年金や共済年金との交付格差をなくし、第1号被保険者に公的な保障を行うため、基礎年金に上乗せする年金を支給します。
■こんな時は届出が必要です。
  1. 20歳になったとき(厚生年金保険・共済組合加入者を除く)
  2. 住所・氏名が変わったとき
  3. 会社などをやめたとき
  4. 保険料の免除を受けようとするとき
  5. 年金をもらおうとするとき
  6. 死亡したとき
詳しい内容は
  • 日本年金機構 大和村サイト外へhttp://www.nenkin.go.jp/
  • 奄美大島年金事務所
    〒894-0035 奄美市名瀬塩浜町3番1号 Tel:0997-52-4341

ページ上部へ戻る 印刷専用画面表示
鹿児島県大島郡 大和村役場 〒894-3192鹿児島県大島郡大和村大和浜100 Tel:0997-57-2111 Fax:0997-57-2161