本文へジャンプメインメニューへジャンプ
Copyright @2009 YamatoVillage Office All right reserved.
大和村 奄美大島 携帯サイト リンク
サイトマップ お問い合わせ
サイト内検索 このサイトについて
暮らしの情報 各種手続きなどのご案内
戸籍・印鑑登録 / 出産・子育て・教育と文化 / 健康・検診・検査 / 福祉・介護 / 証明 / 保険・年金 / 税金 / 防災・防犯・救急 / 道路・下水・公園 / 河川・港湾・土地・交通 / 環境・衛生 / 掲示板 / 行事予定 / 空き住宅検索 / その他
イベント・観光情報 見どころや特産品のご案内
イベント情報 / お知らせ / 観光情報 / 村民活動の紹介 / 利用施設などの紹介 / 広報
村政情報 大和村の概要のご案内
村政運営方針 / 予算・入札・契約情報 / 環境活動 / 村議会 / 村づくり / 指定管理者制度
県情報提供システム
道路通行規制情報
県防災気象情報
観光かごしま情報
電子申請システム

風水害への備え


 風水害・土砂災害による被害は、梅雨期から台風シーズンに集中しています。特に大和村は、急傾斜危険区域に集落が点在しており、がけ崩れなどに十分な注意と心構えが必要です。また、全集落が海岸に面しており、満潮時に台風が接近すると、高潮の危険があり、厳重な警戒が必要です。
 日頃から、台風や大雨などの情報に注意し、家庭での災害への備えを確認しておきましょう。

家の周囲での危険

 屋根
  • 瓦のひび、割れ、ずれ、はがれがないか。
  • トタンのめくれ、はがれはないか。
 雨どい・雨戸
  • 雨どいに落ち葉や砂が詰まっていないか。
  • 継ぎ目の外れや塗装のはがれ、腐りはないか。
  • 雨戸にガタツキやゆるみはないか。

 外壁
  • モルタルの壁に亀裂はないか。
  • 板壁に腐食や浮きはないか。
  • プロパンガスのボンベは固定されているか。

 窓ガラス
  • ひび割れ、窓枠のガタツキはないか。
  • 強風による飛来物などに備えて、外側から板でふさぐ。

室内での備え

 非常時の役割分担、連絡方法、万が一避難が必要になった場合の非常持ち出し品の準備、避難場所の確認など日頃から家族で話し合っておきましょう。
  • 台風情報などに注意深く耳を傾ける。
  • むやみに外出しない。
  • 停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオの準備。
  • 避難に備えて貴重品などの非常持ち出し品の準備。
  • 断水などのために、飲料水、生活用水の確保。
  • 浸水の恐れがある場所では、家財道具や食料品・衣類・寝具などの生活用品を高い場所に移動。
  • 病人や乳幼児、障害者、お年寄りなどは安全な場所へ。
 ※台風シーズン前には、停電に備えて必ず各家庭の防災無線の電池の残量を確認しておきましょう。


早めの避難

 台風や集中豪雨または長雨に見舞われたときは、洪水、土砂災害、高潮などの危険があります。テレビやラジオ又は防災無線等の情報に注意するとともに、下記の土砂災害の前兆が見られたときは、我が家は大丈夫と思う前にできるだけ早く安全な場所へ避難しましょう。

【土砂災害の主な前兆】

 土石流
  • 山鳴りがする。
  • 急に川の流れが濁り流木が混ざっている。
  • 雨が降り続いているのに川の水位が下がる。

 地すべり
  • 沢や井戸の水が濁る。
  • 地面にひび割れができる。
  • 斜面から水が噴き出す。

 がけ崩れ
  • がけに割れ目が見える。
  • がけから水がわき出ている。
  • がけから小石がパラパラと落ちてくる。

「鹿児島県山地災害危険地区マップ」を参照ください。


【洪水時の避難のポイント】

 洪水時の移動は、とても危険です。洪水の中を歩かなくてすむように早めの避難を心がけてください。やむを得ない場合は、次の事に注意して安全に避難してください。

 ■歩ける深さ
  • 歩ける深さは男性で約70cm、女性で約50cmまで(平地で流れのない場合)。水深が腰まであるようなら無理は禁物。高所で救援を待とう。
避難時の服装 ■はきもの
  • 裸足・長靴は禁物。ひもで締められる運動靴がよい。
 ■ロープでつながって
  • はぐれないようにお互いの体をロープで結び、一列になって避難しよう。特に子供から目を離さないように。
 ■足下に注意
  • 水面下にはどんな危険が潜んでいるかわからない。長い棒を杖代わりにして安全を確認しながら歩くこと。
 ■子供やお年寄りを安全に
  • お年寄りや病人などは背負う。幼児は浮き袋、乳児はベビーバスを利用して安全を確保する。


非常持ち出し品を準備しよう!

いざというときのために・・・ 非常持ち出し品は、日頃からの準備・点検が大切です。
災害に備えて避難するときに、まず最初に持ち出すには、次のような物があります。

【非常食】
 カンパン、缶詰など火を通さなくても食べられるものや、ミネラルウォーターなど。缶切り、栓抜き、紙皿、紙コップ、水筒なども用意。(三日分の食料)

【救急医療品】
 ばんそうこう、傷薬、包帯、かぜ薬、胃腸薬、鎮痛剤など。

名音台風【貴重品】
 現金、預金通帳、印鑑、免許証、権利書など。

【携帯ラジオ】
 予備の電池は多めに用意。

【懐中電灯】
 できれば一人に一つ。予備の電池も忘れずに。

【その他】
 下着、上着などの衣類、タオル、生理用品、粉ミルク、紙おむつ、ウェットティシュ、カッパ、ヘルメット、ライター、ラップ(止血や汚れた食器に被せて使う)など。

※家族構成などの家庭状況に合わせて必要な物を追加してください。

地域の防災力を高めるには、日頃からの備えと、家族や地域とのコミュニケーションが大切!
地域で行われる防災訓練には、積極的に参加しましょう。

ページ上部へ戻る 印刷専用画面表示
鹿児島県大島郡 大和村役場 〒894-3192鹿児島県大島郡大和村大和浜100 Tel:0997-57-2111 Fax:0997-57-2161