本文へジャンプメインメニューへジャンプ
Copyright @2009 YamatoVillage Office All right reserved.
大和村 奄美大島 携帯サイト リンク
サイトマップ お問い合わせ
サイト内検索 このサイトについて
暮らしの情報 各種手続きなどのご案内
戸籍・印鑑登録 / 出産・子育て・教育と文化 / 健康・検診・検査 / 福祉・介護 / 証明 / 保険・年金 / 税金 / 防災・防犯・救急 / 道路・下水・公園 / 河川・港湾・土地・交通 / 環境・衛生 / 掲示板 / 行事予定 / 空き住宅検索 / その他
イベント・観光情報 見どころや特産品のご案内
イベント情報 / お知らせ / 観光情報 / 村民活動の紹介 / 利用施設などの紹介 / 広報
村政情報 大和村の概要のご案内
村政運営方針 / 予算・入札・契約情報 / 環境活動 / 村議会 / 村づくり / 指定管理者制度
県情報提供システム
道路通行規制情報
県防災気象情報
観光かごしま情報
電子申請システム

火災への備え


■火災発生!初期消火の3原則

  1. 早く知らせる
    • 「火事だ!」と大声を出し、隣近所に助けを求める。声が出なければ、やかんなどを叩いて異変を知らせる。
    • 自分だけで消そうと思わない。
    • 小さな火でも119番に通報する。当事者は消火を行い近くの人に通報を頼む。

  2. 早く消化する
    • 出火から3分以内が消火できる限度。(天井に火が届くまで)
    • 消火器が身近にない場合、座布団や濡れた毛布で覆うなどの方法も有効。

    ※普段から消火器の使い方に慣れておきましょう。
  3. 早く逃げる
    • 天井に火が燃え移ったら、ためらわずに避難する。
    • 避難するときは、燃えている部屋の窓やドアを閉めて空気を遮断する。

    ※煙を吸い込まないように、低い姿勢で避難する。
    ※平成18年から、住宅用火災警報器の設置が一般住宅でも義務化になりました。火災の早期発見、早期避難に最も有効な、住宅用火災警報器をまだ設置していない住宅では、早期に設置しましょう。

消火器の使い方

 粉末・強化液消火器
  1. 安全ピンに指をかけ上に引き抜く。
  2. ホースの先端を握り火元に向ける。
  3. レバーを強く握り噴射する。

 ※燃え上がる炎や煙に惑わされずに燃えている物にノズルを向け、火の根本をほうきで掃くように左右に振って消火する。


119番通報(火災)は正確・簡潔に

火事です。大和村○○集落○○公民館の付近○○が燃えています 119番に通報するときは、次のようなことを正確に伝えましょう。
  1. 火災であることを伝える。
  2. 場所(住所)はどこか。目標になるものは。
  3. 建物の種類は何か。木造かビルか。
  4. 何が燃えているか。
  5. 逃げ遅れはいないか。



家庭での火災予防

コンロ
  • 調理中にその場を離れない。(天ぷら油は、加熱すると自然発火します。)
  • コンロのまわりは、いつも整理整頓。
火遊び
  • マッチやライターを放置しない。
  • 使い終わったら子供の手の届かないところへ。
たばこ
  • 喫煙場所を設けて灰皿に水を入れておく。
  • 吸いさしをそのままにしてその場から離れない。
  • 寝たばこ、ポイ捨て厳禁。
放火
  • 家の周りに燃えやすい物を置かない。
  • ゴミは夜のうちに出さない。
  • 照明をつけ暗がりをなくす。
たき火
  • たき火は風の強いときや、空気の乾燥しているときはしない。
  • 周囲の安全確認や水の用意をする。
  • 子供だけでしない、させない。
ストーブ
  • カーテンなどの燃えやすい物から離れた位置で使用する。
  • ストーブの上や周囲に洗濯物を干さない。
コンセント
  • たこ足配線をやめる。
  • 入れっぱなしのコンセントプラグの点検・清掃をする。
火入れ
  • 枯れ草などは、風のない日に燃やす。
  • 火入れの際は、必ず消防署に連絡する。

村民一人一人が、悲惨な火災のない明るい村づくりに努力しましょう。


ページ上部へ戻る 印刷専用画面表示
鹿児島県大島郡 大和村役場 〒894-3192鹿児島県大島郡大和村大和浜100 Tel:0997-57-2111 Fax:0997-57-2161