ホーム > 施設検索 > 観光スポット > マテリヤの滝

ここから本文です。

更新日:2020年8月6日

マテリヤの滝

世界自然遺産候補の滝

マ・ティダ・ヌ・コモリという太陽が輝く滝壺を意味する島口が名前の由来。昔はこの辺はうっそうとした林であったが、この滝壺の上だけが美しく照り輝いていたことからつけられたと言われています。正午頃は太陽が真上から降り注ぎ、名前の通り美しい滝壺を見ることができます。
渓谷から湧き出る清流は、マングローブ林へと注がれます。夏場はトンボが飛び交う癒やしスポ。琉球王朝統治時代から、旅路の中継地点として利用され、旅人や飛脚がこの滝で疲れを癒やしてきたと言います。自然の偉大さを感じるパワースポットです。奄美群島国立公園に指定されています。

所在地

〒894-3212鹿児島県大島郡大和村大字名音地内

電話番号

0997-57-2153

駐車場

マテリヤの滝の入り口にあります

その他

固有で希少な動植物が生息、育成する場所です。動植物をとらない、脅かさない、傷つけない、持ち込まないようにしてください。また植物が踏み荒らしたり、ハブに遭遇する危険がありますので道から外れて歩かないでください。

マテリヤの滝

ギャラリー

アクセス

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ