ホーム > くらし > 医療・保健 > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2020年5月12日

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症の概要

中華人民共和国湖北省武漢市で令和元年12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が報告されて以来、世界各地から報告が続いており、国内でも令和2年1月15日に初めて新型コロナウイルスによる患者の発生が確認され、以後発生が見られています。

 村民の皆様へ (4月3日更新)

先日,大島郡内において新型コロナウイルスの感染者が発生しました。
大和村では、新型コロナウイルスの村内への侵入及び蔓延を防止するため、村民のみなさんに次のことをお願いいたします。

  • 屋内での高齢者等の集まりなどの自粛をお願いいたします。
  • 屋外での集まりや活動なども,マスクの着用・手洗いの励行・近距離での会話に注意するなど感染対策を行ってください。
  • 島外への不要不急の旅行等の自粛をお願いします。
  • やむをえず島外へ旅行される方は,旅行前と旅行から帰った際に区長または役場総務課まで旅行先と旅行予定期間の報告をお願いいたします。

予防について

3月30日現在、奄美大島及び、大和村では、現在感染者の報告はありませんが、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。
感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

1.新型コロナウイルスにはどうやって感染しますか?

現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。
1 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫による「飛沫感染」
2 ウイルスに触れた手で口や鼻を触ることによる「接触感染」

2.感染予防のためにできることはなんですか?

以下のことを心がけましょう。
1 石鹸やアルコール消毒液などによる手洗い
2 正しいマスクの着用を含む咳エチケット
(くしゃみや咳が出るときは、マスクを着用するか、ティッシュやハンカチで口を覆う等)
3 高齢者や持病のある方は公共交通機関や人込みを避ける
 出典 厚生労働省Q&A(外部サイトへリンク)

コロナ対策出典:首相官邸HPより

 新型コロナウイルス感染症の最新

 新型コロナウイルス感染症に関する情報/鹿児島県ホームページ(外部サイトへリンク)

最新情報/厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

国立感染症研究所ホームページ(外部サイトへリンク)

内閣官房新型インフルエンザ等対策室(外部サイトへリンク)

経済産業省の新型コロナウイルス感染症関連(外部サイトへリンク)

鹿児島県からのお知らせ ~県民の皆さまへ~(5月12日更新)

手洗いや咳がある時のマスクの着用など、通常の感染症対策の徹底を図り、落ち着いて対応してくださるようお願いいたします。また、次の症状がある方は下記の「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状の いずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

一般電話相談受付

帰国者・接触者相談センター(名瀬保健所)

電話番号:0997-52-5411

受付時間:8時30分~17時15分(平日)

 

厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時~午後9時

厚生労働省ホームページ(報道発表資料)(外部サイトへリンク)

地方税における猶予制度

新型コロナウイルス感染症の影響により地方税の支払いが困難な方へおける猶予制度

徴収の猶予

新型コロナウイルス感染症に納税者(ご家族を含む。)がり患された場合のほか、新 型コロナウイルス感染症に関連するなどして以下のようなケースに該当する場合は、 猶予制度がありますので、(大和村役場)住民税務課にご相談ください(徴収の猶予:地方税法第 15 条)。

(ケース1)災害により財産に相当な損失が生じた場合 
 新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で消毒作業が行われたことにより、備品や棚卸資産を廃棄した場合

(ケース2)ご本人又はご家族が病気にかかった場合
納税者ご本人又は生計を同じにするご家族が病気にかかった場合 

(ケース3)事業を廃止し、又は休止した場合
納税者の方が営む事業について、やむを得ず休廃業をした場合

(ケース4)事業に著しい損失を受けた場合
納税者の方が営む事業について、利益の減少等により、著しい損失を受けた場合

申請による換価の猶予

 新型コロナウイルス感染症の影響により、地方税を一時に納付することができない場合、申請による換価の猶予制度がありますので、(大和村役場)住民税務課にご相談ください(申請による換価の猶予:地方税法第 15 条の6)。

国民年金保険料の納付が困難となった場合

新型コロナウイルス感染症の影響により失業・廃業等の状態になった方は、申請により国民年金保険料の免除・納付猶予が適用される場合があります。役場住民税務課国民年金係、または奄美大島年金事務所へお問い合わせください。

詳しくは日本年金機構のホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

中止になったイベント(5月12日現在)

4月26日 大和村中央公民館 公民館開講式

5月31日 大和村ジョギング大会

6月中旬 すももフェスタ

8月下旬 ひらとみ祭り

施設等休館のお知らせ(5月12日現在)

環境省野生生物保護センター

事業所の方へ

新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受けている、または受ける恐れのある事業者の方は、下記までご相談ください。

独立行政法人奄美群島振興開発基金

本部業務課 電話:0997-52-4511(相談受付時間:9時~16時)

独立行政法人奄美群島振興開発基金(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

大和村役場

〒894-3192 鹿児島県大島郡大和村大和浜100番地

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ