ここから本文です。

更新日:2018年3月8日

児童扶養手当

父母の離婚などで、父または母のいない子どもが育成される家庭(ひとり親家庭など)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として、支給される手当です。

対象者

  • 離婚 父母が婚姻を解消した児童(事実婚を含む)
  • 死別 父(母)が死亡した児童
  • 障がい 父(母)が重度の障がい者である児童
  • 生死不明 父(母)の生死が明らかでない児童
  • 遺棄 父(母)から1年以上遺棄されている児童
  • 拘禁 父(母)が1年以上拘禁されている児童
  • 未婚 母が婚姻しないで生まれた児童
  • その他 母が懐胎した当時の事情が不明な児童
  • 保護命令 母(父)が裁判所からのDV保護命令を受けた児童

補足

毎年8月1日から8月31日までの間に現況届を提出する必要があります。

現況届を提出しないと8月分以降の手当を受けることができません。また、2年間提出しないと受給資格がなくなります。

父または母、養育者が公的年金(老齢福祉年金以外)を受けているときは、児童扶養手当を受けとれませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い人は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

下記のようなときは、手当を受けとることができません。

  • 養育者や養育者の配偶者・扶養義務者の所得が制限額以上のとき
  • 児童が施設などに入所しているときや里親に委託されているとき
  • 児童が労働基準法の遺族補償を受けているとき
  • 児童や父や母、養育者が日本国内に住んでいないとき
  • 児童が父または母に支給される公的年金の加算対象となっているとき
  • 父または母が婚姻しているとき
  • 請求者が父の場合、児童が母と生計を同じくしているとき
  • 請求者が母の場合、児童が父と生計を同じくしているとき

お問い合わせ

大和村役場保健福祉課

〒894-3192 鹿児島県大島郡大和村大和浜100番地

電話:0997-57-2218

ファックス:0997-57-2161

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ